報告は大事よね

かなり個人的な事なんですがね。

私の大好きだったアーティストが活動をお辞めになったそうで
かなりショッキングなんですわ(o_o;)
まぁ音楽には携わっていくらしいですが、長年ファンだったし
あの楽しそうな雰囲気にずいぶん助けられたので複雑ですね。

まぁカタチあるものいずれ無くなるのは百も千も承知なのです。

よく、好きなグループが突然解散すると「裏切られた」とか言うファンがいますが
相手だって人間ですから(~_~;)気持ちの変化はあるでしょうし
黒い部分が多い、実に多い業界で、しかもビジネスなんですから
しょうがない事なんですよね。
「楽しい思い出をありがとう!」とやさしくフェードアウトしてあげましょう。

そんな私もやさしくフェードアウトするつもりです(~_~;)

でもね。
【報告】って大事だと思うのです。

伝える努力をする事。

例えばね…
今までバリバリのパンクロック魂だった人が突然ライブで
「これからはヒップホップでいきます!」とトラックで歌われても
トゲトゲの革ジャン着て行ったファンはびっくりするよね(-_-;)
おどろかすのが戦略だったのならいーんですけど(いや、よくないな…)
今までが何事もなかったように歌われたらファンは置いてきぼりにされた気分ですよね。
「最近は他のジャンルに興味が出てきた」とか
「違う自分も表現したくなった」とか
言い方は色々あるじゃん。
常日頃、与える側が受け取る側に本音を報告していれば
“裏切られた”というマイナスなイメージは持たなくて済むのでは?
今後応援するしないは別としてお互い好意的でいられるでしょう。
このご時世、伝える手段はたくさんあるのですから。

これは人として全般に言えることですよね。
こちらも参照にしてください。

がまんしてがまんしてがまんして、やっとお別れを告げたら
「急にそんな事言われても!」ってキレられた人(~_~;)
影ながらじーーーーーっと想いを寄せていて
突然目の前に現れ告白して気味悪がられた人(~_~;)

相手を思いやって伝える努力をすれば
同じ結果になったとしても傷が浅くて済むのにね。


ここ数年、身近にミュージシャンが増えてきてます。
素直に応援したくなる人、そうじゃない人。
お客様からチケット代を頂いたならそれは立派なプロアーティスト!
歌だけ歌ってればいーってもんじゃないよね。
受け手に思いやりがあるエンターテイナーでいて欲しいです(*^v^*)

と、自分にも言い聞かせてます。
お客さんあってのUPTOWNcafeですから(^_^)/

by 1996utc | 2009-12-06 17:22 | caprice! | Comments(0)